風俗嬢として働く際の心構え

風俗で働くことには多くの魅力があります。まずは大きな収入を得られるという点です。例えば飲食店でアルバイトをすれば時給千円前後ですし、正規雇用で勤めても時給二千円になればいい方です。仕事がかなりできる人でも時給三千円というところでしょう。それが、風俗嬢であれば一時間で安くても五千円にはなります。プレイ内容や人気によっては一万円にも、それ以上にもなります。短時間でそれなりに稼げますし、長時間働けばかなりの収入を得られる計算です。これは一般の仕事とは比べ物になりません。また、採用率が非常に高い点も挙げられます。正規雇用で勤めようとすれば、筆記試験や面接があり、条件がいいところほど不採用になる可能性が高まります。アルバイトであっても募集人数や適正によって落とされてしまいます。ところが風俗の場合、高級店や拘りのある店でない限り、余程のことがなければ採用されます。外見に自信がなくても受け入れてもらえます。性格が変わっていてもさほど問題ありません。もちろんその後の人気については、外見や性格、またテクニックによって大きな差が出てくるのですが、あまり人気がなかったとしてもそこそこ稼げる仕事です。 このように魅力のある仕事ですが、当然失うものも大きいと考えてください。ほとんどの人は、風俗嬢であるうちも、辞めたあとも、恋人や夫へはその事実を隠し続けることになるでしょう。ずっと後ろめたさを感じることになるかもしれません。多くの男性がお金で性を求める世界を経験することで、もう男性を好きになれなくなるという可能性もあります。ただ、多くの男性は恋人がいても妻がいても風俗を利用しているのが現実です。風俗嬢として働くことによって、寛大になれる人もいるでしょう。またあくまでも仕事です。需要があるから供給しているわけで、違法性もありません。多くの男性を喜ばせている仕事ですから、誇りを持っていいのです。